FC2ブログ

苦しさからの解放 《ご調教》

床に跪くよう促すご主人様。
膝をつくとクッションが置かれてありました。

ご主人様が近づかれ、何をすべきか見えない状態でもわかりました。

ご主人様のその元へ。
先程まで、ボールギャグをされていたせいか、口がガクガクして思うようにご奉仕ができませんでした。

それでも精一杯、口を開け唇を寄せご奉仕をします。
途中、口から離れてしまい口元がベタベタになってしまいましたが、そんなことは構いません。
ただ想いを込めてのご奉仕。

舌を這わせ、口に含む行為。

ご主人様が、私から離れられ顔に手を添えられ、指が私の口の中に入れられました。
初めての行為、戸惑いはなく嬉しさがこみあげます。

指が抜かれ舌を出すよう、仰いました。
従い、舌を出すと痛みが加えられます。

舌に感じるのは木製ピンチ。

痛くて舌を引っ込めようとしても木製ピンチが邪魔をします。

痛さを訴えても情けない言葉にしかなりません。

舌を出しつづけて涎が木製ピンチに染み込むのがわかります。
恥ずかしい姿です。

ご主人様が私の下半身に触れ刺激をされます。
もう何も考えられなくて、ご主人様の手の動きに合わせて腰を振る私。
淫らに、恥じらいさえ忘れて。

もうこれ以上は…と思い頭を横に振り、赦しを請います。

動きが激しくなる私をしっかり手を添えて下さいます。

ご主人様、もうダメです。ご主人様

木製ピンチが邪魔をしてそんな声は届かなくて、苦しくて苦しくて。

そんな私を解放へ導いてくださるご主人様の声。

それに従い素直に自分自身の解放へ。

苦しさから抜けられた瞬間です。


★★★
私の拙いブログに拍手やコメントをくれる方々、いつもありがとうございます。とっても嬉しいです。
ブログ更新の励みになっています。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。
★★★

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アダルトブログランキングへ


スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 7

智(とも)  2014, 03. 16 [Sun] 01:39

可愛いです

なほこ様

御ブログで、ワンエントリーに3つの画像は
これまでで最多ではないでしょうか。
(エネマ画像は除くw)

それだけ自信がついてきたのか、
見られたがりに拍車がかかってきたのか、
どちらか? きっと、どちらもでしょうね。

ご奉仕に必死な様子も、舌にピンチをされた表情も
どれも本当にお可愛らしいです。
ピンクの舌先を見て、ムラムラっときちゃいました。

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 03. 16 [Sun] 13:11

こんにちは


智 様

こんにちは
コメントありがとうございます^ ^

見られたがり…自信…どちらかというと前者かもしれません。(^^;;
次回のエントリーは残念?ながら写真がありません。
なので3つ更新しました。
いつもコメント本当にありがとうございます。
写真を楽しみにしていただいていることもとっても嬉しいです^ ^
主様も嬉しいと思ってくれると良いなって思います。

なほこ

Edit | Reply | 

智(とも)  2014, 03. 16 [Sun] 13:28

楽しみにしてますとも

なほこ様

いやぁ~それはもう、主様が一番、
なほこ様のブログ更新を楽しみにされ、
喜んでおられるのではないでしょうか。

エントリー記事を主様へのラヴレターと考えて
普段、逢瀬では口にできなかった想いなど
ブログで「後出し告白」する。
伝わりますよ、必ず。

で、お裾分けで、読者も幸福になる。
素敵なサイクルだと思います。

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 03. 16 [Sun] 13:43

ありがとうございます


智 様

ご主人様もブログを見て下さっています^ ^
こうしてコメント下さったり拍手いただいたり、訪問数も増えたりすると「良かったね」と仰います。

ご主人様へなかなか口に出すことができない事もあります。
そんな事はこのブログにこっそり書いてます。
(*^^*)うふふ♡

Edit | Reply | 

-  2014, 03. 16 [Sun] 20:48

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 03. 17 [Mon] 06:10

鍵付きコメント 様


おはようございます。
私の勝手なお願いを申し訳ありませんでした。
迷惑だとは感じておりません。
またコメントにてお邪魔させていただきます。


Edit | Reply | 

-  2014, 03. 21 [Fri] 15:05

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply |