FC2ブログ

躊躇うことなくできる理由《ご調教》

お仕置きが終わった後、ベッドに上半身だけをつけお尻を突き上げた格好になりました。

左手にもったお道具は私の前の中へ、
そしてさらにご主人様が加えてくださる刺激に私の両足は突っ張りました。
全身が緊張したかのように、力が入ります。

自分でもビックリするぐらいの声が部屋に響き渡りました。
喘ぐ…より叫ぶというような声。
まるで獣のような、いま思い出しても恥ずかしいぐらいです。
(恥ずかしいとかそういう事は考える余裕はありません。
こうして思い出しているから今はとても恥ずかしいですが)

でも、そんな声しか出ない状況でした。
止むことない、ご主人様の刺激に

「もうやだ!もうだめ!許してください。」

「ご主人様、ごめんなさい。」

「ごめんなさい」

「ごめんなさい」「ごめんなさい」

何度も何度も許しを請いました。
乱れて逝き狂う私の姿をご主人様に見られて申し訳ない気持ちになりました。
(ごめんなさい)不思議な気持ちです。
意識が遠のきそうな頃、ご主人様は私から離れられました。

力が抜けて、荒い息遣いでベッドへ体を預けている私の髪にご主人様は触れ、その手はずっと下へとおりていき、お尻まできたとき、バチン、バチンと叩かれました。
ベッドから起き上がれないくらいの脱力感からハッと起きました。


ご主人様はソファに座っていて、私を呼びます。

さっきまで乱れていたことが恥ずかしくて、少しにやつきながらご主人様のもとへ近づきました。

正座をして、ご主人様の前へ。
ご主人様は私に足を出されます。
その意味がわかった時、少し驚きましたが嫌ではない行為。

他のM女様や奴隷に属する方はされている行為。
私はその行為に対して積極的にしたいとは思いませんでした。
でも、ご主人様のは嫌ではありません。
差し出されたご主人様の足を躊躇うことなく、口に含みました。

ご主人様の奴隷だから?
それだけではありません。




生まれて初めてするこの行為にドキドキしながら、嬉しいと思うのはMだからという理由だけではありません。

「綺麗に舐めれたの?」
そう仰るご主人様に
「はい」
と自信なく返事をしました。

「じゃあ、自分で当てて動いてみて」

ご主人様の足にまたいで、足指を自分の気持ち良い部分に押し当てぎこちなく動きました。

その姿が恥ずかしくて、私だけが感じてご主人様は目の前で見てくださる…耐えきれず、お願いをしご主人様のモノへ顔を埋めました。





ご主人様へのご奉仕。
しばらくしてご主人様が立たれて私の頭を両手で掴みます。
この日はとても激しくて、喉奥まで突かれて私はまるで人形の様。

涙が自然とこぼれます。
悲しいわけではありません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アダルトブログランキングへ



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Tag: 舐める 想い

COMMENT 2

月子  2014, 03. 03 [Mon] 21:21

舐めるご奉仕は大好きです。

わたしも主様を舐めさせていただくご奉仕は大好きで、全く躊躇することなくさせていただいてます。(*^^*)
奴隷として仕えさせていただき始めた頃は、足舐めをすることでスイッチがONになるのを感じて興奮を覚えてました。
今でも大好きな行為です。(*^^*)

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 03. 04 [Tue] 09:13

月子 様


おはようございます。
コメントありがとうございます。
私はまだ主様にお仕えして間も無いです。
ようやく、私は主様に素直になれることができてきました。
そんな頃にこの行為は恥ずかしいですが、少し嬉しいと感じました。
初めてお会いした時にいきなりこの行為でしたらまた違ったかもしれません。
主様のお身体を舐めさせていただくというのはとっても幸せですね。

なほこ

Edit | Reply |