FC2ブログ

体験調教④

ボールギャグを外され、声をあげる私。
Sさんは何も言わず私を責め続けます。

身動きできない私、衣服は乱れされるがままの私。
このまま、乱れたいと思うのですが、まだ理性が勝ちます。
「淫乱だと思われたくない」変なプライドが邪魔をします。
こうされたいと願ったのは誰よりも自分自身なのに・・・。

そう思っているのがSさんに伝わったかのようなタイミングで
足を解かれ、ベットに身を置き四つん這いになるような格好にさせられました。
スカートを捲りあげられ、卑猥な下着が露わになります。
とても恥ずかしい格好でした。
「恥ずかしいです・・・」
と言ったと思います。
Sさんは平手で私のお尻を叩きます。
静かな部屋にバチンバチンと響く音、それと同時に私の声も出てしまいます。
痛い・・・その痛みが消えないうちにまたバチンとされます。
もう、何も考えれません。

しばらくして、抱え上げられベットに座らされたかと思えば肩を押され後ろへ倒れこみます。
M字開脚にされ、Sさんの思うがままに・・・
長い時間そうしていたのですが、緊張が勝ってしまうのか私がなかなかイケないのです。
イキそうになるのは何度かあったのですが「我慢」してしまい逃してしまいます。
(原因は思い当たるのですが、御主人様には言えない・・・お仕置きされてしまうかもしれません。(汗))

優しい声で私に仰ってくれた時、私の中で何かがはじけたよう息が荒くなり、頭が真っ白になりました。



少し休憩を挟み、次は服を脱ぐように言われました。
下着はつけたままです。
全裸に卑猥な下着姿、Sさんはしっかり服を着ていて異様な雰囲気さえも感じてしまいます。

直接、肌に麻縄でしばっていただきます。
口にはてぬぐいで縛られ、目も隠されます。
柱に手を付き、バラ鞭で打っていただき、私は恥じらいもなく感じてしまい
時折来る何かわからない身体への刺激(これはいまでもなにかわかりません)に立っていられなくなります。
痛さが抜けるか抜けないかで次の痛みがくる事に喜びを感じてしまします。


痕を残して欲しい・・・

いつの間にか「体験」でいることさえ忘れてしまいます。





スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 2

光  2013, 11. 15 [Fri] 09:16

共感する部分がとても多いです。
親近感を覚えます。
ブログ更新楽しみにしてます。^_^

Edit | Reply | 

なほ子  2013, 11. 16 [Sat] 04:15


>光様

ありがとうございます。
マイペースブログになりますが、これからも宜しくお願い致します。
とても嬉しいです。

Edit | Reply |