FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご主人様の温もり


後手に縛られ、床に正座。
顔をあげ、ご主人様のモノを口に含みます。
上から見下げられ、その視線とご奉仕に感じる。

途中、ベッドへと移られて寝そべるご主人様

「お尻をこちらに向けなさい」

従い、ご主人様のモノを口に頬張ろうとした瞬間、バランスを失いご主人様の胸に激突・・・。(鈍臭い私です)

起こしていただき、再度ご主人様のモノを口に。
お尻はご主人様に向けた状態です。
(とっても恥ずかしい格好です)

後手のを片手で器用に解かれ、もう片方の手は私の身体へと触れてくださいます。

溢れ、垂れた 蜜 をすくい上げ、前触れなしに ズブリ とお尻へ指が入ります。

声にならない声。

お逢いする前に、しっかり準備はしてきたもののやっぱり気になります。

1本が2本に増えたり、薄い壁越しに2つの穴を同時に刺激されたり。

途中、ご主人様が 「濡れてしまいそう」とシャツを脱がれます。
(それほど・・・だったのでしょう。)

何度達しても、ご主人様の モノ から口を離さぬよう、耐えていると

「どっちを使って欲しい?」

私は何も応える事が出来ませんでした。
ですが、 心の声 は通じたようです。

お尻を高く突き上げた姿勢。

肌と肌がぶつかり合う。
シーツを握りしめ、顔を埋めるも直ぐに反り返る背中。

背後から感じるご主人様の温もり




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

Tag:ご主人様 温もり

COMMENT - 8

HADES  2015, 05. 26 [Tue] 06:18

状況がリアルに浮かびました。
私も同じような体制で、同じ体位で愛奴と繋がったことがあるからです。
そう…繋がる…お互いの体温を感じ、感触が伝わり、絡み合い一つになる…そんな瞬間が堪らなく愛しさを感じますね。

Edit | Reply | 

コール  2015, 05. 26 [Tue] 18:16

僕の奴隷は、正座してたら痺れたらしく、四つん這いで移動したことありますよ。
足に触ろうとしたら、普通に「触らないで!」と怒られました(^_^;)

Edit | Reply | 

なほこ  2015, 05. 27 [Wed] 23:16

こんばんは


HADES 様

こんばんは

実は(?)ご主人様は毎回 ソコ を遣ってくださるわけではありません。
なので、 ソコ を遣ってくださる時はとても嬉しくご褒美以上にも思えます。

ご主人様の重みを背中に感じてつま先から頭まで全身 幸せ に包まれます。


なほこ

Edit | Reply | 

なほこ  2015, 05. 27 [Wed] 23:17

こんばんは


コール 様

こんばんは

その場を想像して、思わず笑ってしまいました^^
私もよく痺れてしまう時があります(>_<)
もちろん、ご主人様は呆れ顔・・・(*_*)

なほこ

Edit | Reply | 

真美  2015, 05. 28 [Thu] 00:54

後ろから。幸せですよね(*´艸`)
真美もよく、転がったりします。
筋力がないからと怒られます(-∀-)

使っていただくこと。なによりもご褒美ですね♡

Edit | Reply | 

あすか  2015, 05. 28 [Thu] 08:08

ぬくもり

人と人だからいいですね、温もりがあって
温もりを感じる方が、そこに人がいる事を身体で実感できて
より、羞恥も増すのかなと思いながら読ませていただきました

Edit | Reply | 

なほこ  2015, 05. 29 [Fri] 23:58

こんばんは


真美 様

こんばんは^^
コメントをありがとうございます。
お返事が遅れてすみません。

腹筋を鍛えたら転ばなくなりますかね?
思いっきり激突してしまって・・・。ご主人様は痛かっただろうと思います。
(「大丈夫」と仰ってくださいましたが・・・(>_<))

はい♡
どこを遣っていただいても ご褒美 なのですけれど、やはり嬉しいです。(内緒ですけれど)

なほこ

Edit | Reply | 

なほこ  2015, 05. 30 [Sat] 00:34

こんばんは


あすか 様

こんばんは
コメントをありがとうございます。
お返事が遅れてすみません。

温もりを感じ、重みを感じ、肌との触れ合い。
幸せな時間でした。

なほこ

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。