FC2ブログ

努力と成長


遣えない玩具を放置されたご主人様
自分の不甲斐なさに悲しくなりました。

縄で拘束されたまま、閉じれない脚の間に置かれたのは遣える玩具
其の先にしっかりと当たるように一番強くしたまま固定されました。

強い刺激に耐えれなくて、喚く私を側で視るご主人様

身体は正直なんて言うけれど、そうかもしれないけれど、“達する”事はやっぱり心が正直。

不甲斐ない遣えない玩具に呆れているんじゃないだろうか?
そんな不安が過ると、達する事はできませんでした。

私の限界を察してくださったのか、ご主人様が縄を解いてくださいました。

お風呂に入っても、いつもなら一緒に温かい湯に浸かるのに、そそくさと出る私。

落ち込む私に 「お祝いするんでしょう?」と声を掛けてくださるご主人様

この後は、コーヒーを淹れてケーキを並べて 、通過点ではありますがお祝いをして下さいました。

自分の不甲斐なさからくる不安…。
ご主人様は 「まだまだ、これからです。大丈夫ですよ。」と仰ってくださいました。

そして部屋を後にし、夜景が見える場所へと移動して遣える玩具 へとなれました(*^^*)…たぶん。

まだまだこれから、ご主人様奴隷としてずっと飼っていただけるように努力していきます。





スポンサーサイト
[PR]

Tag:ご主人様 玩具 奴隷

COMMENT 2

わはは  2014, 12. 03 [Wed] 22:43

ココロ

そうなんですよ。
結局はココロの問題。
ご主人は同じ愛撫なはずで
玩具ならなおのと、同じ出力。
ココロが付いて行くか、行ってないかで全然違いますよね。
放置されたままでなく、フォローしてもらって良かったです(*≧▽≦)ノシ))

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 12. 03 [Wed] 23:05

ありがとうございます


わはは 様

こんばんは(*^_^*)
コメントをありがとうございます。

そうですね、
「心」本当に正直です。
特に女性の場合はそうだと思います。

メソメソしてしまいましたが、ご主人様に放置されたままではなくて良かったです。
思い返すと胸がチクリと痛みますけどね。(^^;;

Edit | Reply |