FC2ブログ

朱肉 《ご調教》

写真を撮っていただいて、縄を解いてくださるご主人様。
少し私が急かすような行動をしてしまいご主人様は少し乱暴な感じに解かれました。

写真を撮っていただいて嬉しい反面、恥ずかしい気持ちもあったからかもしれません。
いつもは優しく解いてくださるご主人様に申し訳ない気持ちになりました。
(ご主人様ごめんなさい。)

縄を解いていただき、『裸』になった私。
縄で緊縛された状態より恥ずかしい気持ちになりました。

縄で縛っていただいた時は、ドキドキとフワフワと、とても心地よくなります。

ご主人様は縄を整え、私は自分を整えます。

シュシュシュと縄を整えるご主人様。
手慣れた様子で、ついつい見惚れてしまいます。(縛っていただく時が一番見惚れてしまいますが

私はご主人様と出逢う前までは麻縄とのご縁は一切なく、未知なるモノでした。
ご主人様は、他にも縄を持っていらっしゃいます。
紫?の縄もあって、それもとても素敵な縄です。

ご主人様は私を呼び、ソファに座るよう命じます。

『まだハンコを押してなかったですね』
とニコニコしながら、朱肉を持ち私に近づきます。

『はい、脚を開いて』とご主人様。

『えぇ~⁉︎』と驚く私。

出来ない…なんて言えるはずかありません。
黙ったまま、目をギュッと瞑り横を向きながら開きます。

ご主人様が近くにいらして私の秘部に…

一度離れて、次は【奴隷誓約書】をお持ちになり、私の秘部に…

朱に染まる私のカタチが【奴隷誓約書】に写っていました。
スポンサーサイト
[PR]

COMMENT 0