FC2ブログ

ご主人様との旅行 XI

《薄れゆく》

上から吊るされたを解き、床へと促されます。

片足をもたれまた吊られ、恥ずかしく広がる脚。

もうここからはあまり記憶がありません。

覚えているのは、床にが溜まり、私の頬や髪もまみれ。

ご主人様が与えてくださる快楽にただ応えて淫らに鳴く。

(今思えば、外にまで聞こえていたかもしれません。)

何度も何度もイキ乱れる。

もう赦していただけないかもしれない

途切れ途切れの記憶。

薄れゆく意識の中の出来事。




にほんブログ村 恋愛ブログ 主従関係恋愛へ


スポンサーサイト
[PR]

Tag:ご主人様 刺激

COMMENT 6

特殊  2014, 07. 04 [Fri] 02:22

こんばんは

遅くなりました。
丁寧なメールありがとうございました!
コメントの方で交流させていただきます(^ω^)
よろしくお願いします。

Edit | Reply | 

ぼと  2014, 07. 04 [Fri] 05:22

なほこさま

恥ずかしいけど 感じたんでしょう

Edit | Reply | 

-  2014, 07. 04 [Fri] 10:11

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 07. 04 [Fri] 23:11

特殊 様


こんばんは
コメントをありがとうございます。
拙いブログではありますが、こちらこそ宜しくお願い致します。

(*^_^*)

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 07. 04 [Fri] 23:32

ぼと 様


こんばんは
コメントをありがとうございます。

はい。
恥ずかしいほどに…

Edit | Reply | 

なほこ  2014, 07. 04 [Fri] 23:42

鍵付きコメント 様


こんばんは
コメントをありがとうございます。

そうですね。
ご主人様とお逢いする時は、6時間以上は必要ですがそれでも足らないくらい。
旅行だとゆっくりできるので良かったです。
最もゆっくりする暇はありませんでしたが(笑

“愛奴”とはまだ呼んでいただけておりません。
そうなれるように成長し努力したいと思います。
一緒に頑張りましょうね!(*^_^*)

Edit | Reply |